コンテンツ

美女と野獣

※一部、原文中のひらがな表記を漢字に変換しています。

徳島県 小学校

【1年生】
 たのしいげきをみせてくれてありがとうございました。わたしは、おうじさまのやさしさがこころにのこりました。じゅうしゃさんのやりとりもおもしろかったです。これからは、見た目できめつけず、その人のよさにきづいて、ともだちをたいせつにします。

【2年生】
 わたしがすごく心にのこったことは、さいごのダンスでした。かんどうしたところは、バラがちるまえに人間にもどれたばめんです。わたしは、さいしょはやじゅうがこわいとおもったけど、はじまってからやさしいとおもいました。すわらじげき園のみなさん、びじょとやじゅうのげきを見せてくれてどうもありがとうございました。らいねんもよろしくおねがいします。

【5年生】
 ぼくは、すわらじげき園さんのげきを見て、げき団の人はえんぎ力がすごいなと思いました。声がすごく大きくて、はきはきとしゃべっていて、声が小さかったことは一度もありませんでした。声以外にも、大きな動作をつけて自分の感情や思いを伝えていて、すごくわかりやすかったです。「美女と野獣」のげきの中に出てきた「人は見かけで判断しない」という言葉、ぼく自身にできているかと聞くと、「できていない」という返事が返ってきました。前に家族で買い物に行った時、お店におばあさんといた顔のこわい男の人、その時は「性格悪そう」と思ったけど、今思うとそれは見かけで判断していたんだと思いました。でもやっぱり見て一しゅん、あれこれ、これからも考えてしまうと思います。なので、判断した後は、ぼくはその人のいいところさがしをしようと思いました。今日は本当にありがとうございました。

【6年生】
 勇気をだす、人を見た目できめつけないということを教えてくれました。私は、勇気が出せなくて話せなかったり、うそをついたりしてしまったことがありました。でもこれからは、美女とやじゅうのマリーのように勇気をだして話していきます。そしてディズニーの美女とやじゅうとはすこしちがっておもしろかったです。私たちも学習発表会でいじめについてのげきをします。すわらじげきえんのみなさんが見せてくださったように私たちもみんなの心にとどくようがんばります。

【6年生】
 今日は「美女と野獣」という劇を見せていただきありがとうございます。僕は6年間みてきた中で「美女と野獣」が一番心に残りました。人を見掛けで判断せずに、お互いが正面から向き合ってから判断するということが大切なんだと思いました。「美女と野獣」をみてぼくは感動しました。これから、誰とでも正面から向かい合っていき、友達といつまでも友達でいたいと思いました。これからも、この心を忘れずに生きていきたいです。今日は、本当にありがとうございました。

 僕は、ばらが1まいになったときに、かんいっぱつでま女ののろいがとけて、ほっとしました。さいごのダンスがきれいでした。おうじさまがさいごにいったことば、みた目できめるのではなく、あいてのこころできめる。そのことばがかんどうしました。


 1年に1回のすわらじげきで、おもしろいので、1年に10回くらいしてほしいくらいおもしろかったです。わざわざ京都からきてくれてありがとうございます。じゅうしゃの男の人のつっこみがおなかがいたくなるほどおもしろかったです!顔の表現がころころかえられる、すわらじげき園のみなさんが「すごいなぁ」と思いました。また来年くるのがとっても楽しみです!げきをするなら、すわらじげき園の人たちを目指したいです。