【9月号】

8月2日 恒例の舞鶴公演。本年度子ども劇場作品「オズの魔法使い」を、舞鶴総合文化会館にて、子供たちの健全な成長を願って、T氏が私費を投じて設立された「舞鶴教育文化財団」を中心とした「子供の内に人間として大事な徳目を・・」と願われる、行政の方をはじめ有志の方々が、夏休みの保育園・幼稚園・学童保育の先生方の賛同とご協力を得て、今年で既に21回目になる「青少年育成こども劇場」で初日の幕を開けました。毎年のことながら、今年も猛暑の中を,会場一杯に1,300人の子供さんたちがご来場下さり、熱狂的な声援を送って下さり、大好評の裡に幕を閉じました。お世話下さる皆々様の御熱意溢れるご準備の賜物と心より感謝いたしました。来年もぜひお願いしますよ、と声をかけて下さり、お役に立てていることを感じて、嬉しい公演でした。この作品の主題は「自分の中の自分の知らない自分の発見」というもので、「僕はダメだ」と思い込んでいる子供たちに、「自分の中の無限の可能性」を発見してほしいと願っているもので、今後全国で公演の予定です。

8月15・16日稽古をして、17日より20日まで、「京童」なる市内で活躍しておられる劇団・アマチュアが「文化芸術会館」を会場に繰り広げた、子供のための舞台芸術祭典に「オズの魔法使い」で参加。その後この集いのお手伝いで毎日会場に詰めかけ、他劇団の作品を拝見したりして、大いに勉強・交流を致しました。すわらじ劇園が参加することにより、大いに盛り上がったと喜ばれました。

8月30日は、恒例の「すわらじ京都友の会夏の集い」を開催。本年度作品「白いお地蔵さん」の劇評などを交じえて、楽しい集いとなりました。友の会を支えて下さる方々に心より感謝。